オススメ記事

Windows 10が起動トラブル!?そんなときに試す3つのこと

関連記事

 何かのトラブルで「Windows 10が起動しない!」という事態に直面したとき、どうすればいいでしょうか?ここでは、Windows 10が起動しなくなったときに、試す方法を紹介していきます。
 なお、この手順で使ったマシンは、『LAVIE Hybrid Standard HS550/BAS』です。

 

この記事の内容
■UEFIを初期状態に戻す
■周辺機器を外してみる
■工場出荷状態に戻す

 

まずは……回復ドライブから起動させる方法

 

 『Windows 10を完全バックアップするたった1つの方法』の手順でも紹介していますが、“回復ドライブ”を事前に作成しておくのは重要です。回復ドライブがあれば、HDDやSSDにトラブルがあった場合でも最低限、USBから起動することができます。
 手順は『Windows 10を完全バックアップするたった1つの方法』の後半に記載されているとおりで、回復ドライブからWindows 10を起動させます。そこから、システムイメージを復元させることもできるため、まず最初に試すといいでしょう。Windows 10が起動しない原因がわからなくても、Windows自体やソフトウェアに問題があって起動しないのであれば、ほとんどは回復ドライブから起動させる方法で解決します。

 

UEFIの設定を初期状態にしてみる

 

 電源が入り、そこからWindows 10が起動しないときは、UEFIを初期化してみます。聞き慣れない言葉ですが、UEFIは、Windows 10の下でPCを支えているような機能です。UEFIは通常は見ることはできませんが、以下の手順で表示することができます。
001 電源をオンにしたら、すぐに“F2”を押しっぱなしにします。「ピー」と音が鳴ったら成功です。

002
 画面が表示されたら右端の“Restart”を選択します。それ以外はうっかり設定を変更すると、この画面すら表示されなくなる可能性があるので、選択しないようにしましょう。なおタッチパネルかタッチパッドでメニューを選択できます。

003
 画面が切り替わったら、“Load Setup Default”を選択します。

004 ポップアップが表示されたら“Yes”を選択します。

005
 “Load Seetup Default”が赤い状態で画面が戻ったら、”Exit Saving Changes”を選択します。

006
 ポップアップが表示されたら”Yes”を選択します。そのあと、再起動に入ります。

 

周辺機器を外してみる

 
 周辺機器の故障などにより、Windows 10が起動しないこともあります。そのため、周辺機器をすべて外した状態で起動するかを確認してみます。仮にすべて外した状態で起動した場合は、外した周辺機器のいずれかが、Windows 10の起動を阻害しているとなります。どの周辺機器が原因なのかを特定するために、ひとつずつ接続して起動するかを試してください。

007
 意外と原因となるのは、USBメモリーです。いつの間にか故障していることもあれば、USBメモリー内のファイルが起動の邪魔をしていることもあります。

 
工場出荷状態に戻す

 

 最終手段です。パソコン本体に保存されているデータから、工場出荷状態に戻します。リカバリー領域を削除してしまっている場合は、回復ドライブがあれば復旧できることがあります。

 また工場出荷状態に戻す手順も、通常の起動とは異なるので手順を見ていきましょう。

008
 電源をオンにしたら、すぐに“F11”を押しっぱなしにします。

009
  “キーボードレイアウトの選択”が表示されたら成功です。ここでは“Microsoft IME”を選択します。

010
 ”トラブルシューティング”の画面が表示されたら”NECリカバリーツール”を選択します。

011
 ”NECリカバリーツール”が表示されたら”Windows 10”を選択します。

012
 さらにメニューが表示されるので”再セットアップ”を選択します。

013
 保存領域のサイズ選択画面が表示されますが、とくに変更せずに”実行”を選択します。以降でもメニューが表示されることがありますが、画面に従っていくだけでオーケーです。

 また豆知識として、Windows 10は3回連続で起動に失敗すると、自動的にWindows回復環境が起動します。そこから、”NECリカバリーツール”で工場出荷状態に戻したり、Windows 10をリセットすることで、起動する可能性が高まります。リセット手順は以下の通りで、工場出荷に戻す手順と似ています。

・”オプションの選択”から”トラブルシューティング”を選択する
・”トラブルシューティング”で”PCを初期状態に戻す”を選択する
・”PCを初期状態に戻す”で”Keep my files”を選択する
・”リセット”を選択する

といった流れです。”Keep my files”を選んでおけば、ユーザーファイルは保持されます。またユーザーアカウントの選択になった場合は、ユーザーアカウントを選択して、パスワードを入力してください。
 

修理に出すか、新規に購入する

 工場出荷状態に戻しても起動しない場合、パソコン自体が故障している可能性がとても高いため、修理に出すことを考えましょう。また古いパソコンであれば、パソコンは消耗品という観点から、製品寿命という可能性が高いため、買い換えを推奨します。NECパソコン直販サイト『NEC Direct』はコチラから。

 さて、本記事で使用した製品は『LAVIE Hybrid Standard HS550/BAS』です。買い換えするしかない状況になった人の参考になるかもしれないので、少し紹介していきます。
t000
 HS550/BASの特長は、一見ノートPCのようですが、実はタブレットだということです。いまではスマホで大半を済ませて、用事のあるときだけノートPCを開くといった人が増えています。また、動画などのコンテンツは大画面のタブレットでゴロゴロしながら見るといった人も多いでしょう。そのため、ノートPCでもあってタブレットでもあるHS550/BASは使いどころに困ることはありません。もちろん、Windows 10自体もタッチ操作もキーボード操作の両方に対応しています。スマホの登場でノートPCの使い方が変化してきた昨今だからこそ、“ちょうどいい”製品といえるでしょう。

t002
 LAVIE Hybrid Standard HS550/BAS。写真のように、キーボードから切り離してタブレットとして活用することができます。

t003
キーボードに専用スタイラスペンを収納できます。

t004
 本記事もHS550/BASで書いていますが、フルサイズに近いキーボードで文字入力のしやすさも上々でした。

 以上のように、Windows 10が起動しないときの対策を紹介してきました。普段は操作しない部分に触れることになるため、もしものときは不安でいっぱいかもしれませんが、スマホで本ページを参照しつつ、ピンチを乗り切ってください。なにはともあれ、回復ドライブは必ず作成しておきましょう

(ライター 林佑樹)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

 

下記画像をクリックしてLAVIE × Officeで始めるとくべつな生活紹介ページへ

 

今話題の記事!

オススメ記事

関連記事
loading