オススメ記事

ハードディスクが壊れた!新しいWindows 10パソコンでデータ復旧して快適に使うテク

関連記事

「パソコンのHDDが壊れた!!!」
 あまり体験したくはありませんが、経験したことがある人も少なくないのがこのトラブルです。もし、PCが起動しないだけでHDD本体が壊れていないのであれば、もしかすると写真など大事なファイルを助け出せるかもしれません。ここではその方法のひとつとして、古いノートPCからHDDを取り出し、外付けのUSBケースを使ってファイルを救出する方法を紹介しましょう。

●この記事の内容
■起動しなくなったPCからHDDを取り出す
■HDD用ケースを使ってUSB外付けHDD化
■違うPCと接続してファイルを救出する
■新しいPC選びのおススメポイント

起動しなくなったPCからHDDを取り出す

 まずは起動しなくなったPCを分解して、HDDを取り出す必要があります。ほとんどのPCは分解すると保証がなくなるため、必ず自己責任で行ってください。なお、実際の分解方法は機種によって違ってきます。今回はWindows Vistaを搭載する2008年に発売した『Lavie J LJ700/L』を例に、ファイルの救出をしていきましょう。150828nec3_001

1.最初にバッテリーを外し、底面周囲にあるネジをすべて取り外します。

150828nec3_002

2.液晶を開き、キーボード奥にあるツメをずらしてからキーボードを持ち上げ、キーボードとタッチパッドなどのケーブルを外します。 150828nec3_003

3.タッチパッドと一体化しているカバーを取り外すと、光学ドライブのすぐ左側、ちょうどタッチパッドの下にあたる部分にHDDがあります。 150828nec3_004

4.コネクターを外してからHDDを持ち上げると、本体から簡単に外れます。 150828nec3_005

5.カバーの黒いフィルムを取り、コネクターの変換ケーブルを外します。 150828nec3_006

 これで、Lavie JからHDDが取り出せました。PCによってはHDDを取り出す方法は異なります。また、分解をした場合は補償の対象外となりますので注意してください。

HDD用ケースを使ってUSB外付けHDD化

 いくらHDDが取り出せても、中のファイルが読めなければ意味がありません。そこで必要となるのが、HDDをUSB外付けHDDに変換してくれるケースです。ケースは2.5インチHDDに対応していればどんな製品でも構いません。

150828nec3_007

 ケースはHDDを覆うようにして中に入れるものや、HDDを挿して使うものなどがあります。今回は挿して使うケースを利用しました。HDDの装着方法は簡単で、コネクター部を下にして差し込むだけです。取り外す時は後ろ側にあるレバーを押すと、HDDが持ち上がって外れるという仕組みです。
150828nec3_008

 無事にHDDを外付けHDD化できたら、次は実際に中身のファイルを救出していきましょう。

新しいPCと接続してファイルを救出する

 USB外付けHDDとなったLavie JのHDDを、新しいPCへと接続します。今回はNECの最新PC『LAVIE Note Standard NS850/BAB』を利用しました。15.6インチの液晶ディスプレーを搭載して、HDDも1TBでデータを移す際も安心な容量です。

150828nec3_009

 HDDが壊れていなければ、ドライブが認識されるはずです。ここでは“Windows Vista(F:)”、“ローカル ディスク(G:)”、“NEC-RESTORE(H:)”の3つのドライブとして認識されました。

 ユーザーフォルダーは、多くの場合システムと同じドライブに作られますので、まずは“Windows Vista(F:)”を開きます。

 また、“ローカル ディスク(G:)”にも個人ファイルを置いているケースも多いかもしれませんね。“NEC-RESTORE(H:)”は前のPCの復旧用の領域なので、コピーしなくても大丈夫です。

150828nec3_010

HDD自体が壊れていなければ、前のPCのデータが表示されます。

“Windows Vista(F:)”を開くと、“ユーザー”というフォルダーがあるはずです。この中に個人ファイルが保存されているので、これを開きましょう。

150828nec3_011

写真などのファイルはユーザーフォルダーの中に保存されている場合が多いです。

 ユーザーフォルダーの中は、各ユーザーのファイルが保存されています。今回は“NEC-PC”というユーザー名ですので、このフォルダーを開きます。
150828nec3_012

150828nec3_013

続行をクリックすれば大丈夫です。

 ここで、個人用のフォルダーということもあり、アクセス許可がないという警告が出ます。とはいえ、出るのは警告だけで“続行”をクリックすれば中を見られるので安心してください。

150828nec3_014

写真や動画、音楽など個人の思い出が保存されたフォルダーが見つかりました。

 ここまでくれば、あとは必要なファイルをコピーするだけです。個人で作成したファイルは、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージックをコピーしておけば、まず大丈夫。もし心配であれば、ここのフォルダーすべてをコピーしておくといいでしょう。コピー先は、新しいPCの空いているドライブが理想です。

150828nec3_015

今回はDドライブにすべてコピーしました。後で、必要なファイルを探すといいでしょう。

 直接ユーザーフォルダーへとコピーしてもいいのですが、たいてい、古いPCには不要なファイルも含まれています。まずは別のドライブへとコピーしてファイルを確保し、それから必要なファイルだけを選び出すというのがオススメです。

 これで個人ファイルのほとんどが救出できたはずですが、実は、メールやアプリの設定などは別のフォルダーに保存されています。こういったデータは単純にファイルとしてコピーはできるものの、そこから復元するにはある程度の知識が必要となってしまいます。復元方法はアプリごとにやり方が違うので割愛しますが、そのデータの救出方法だけ紹介しておきます。

 データの保存されているフォルダーは通常見えないよう隠されています。エクスプローラーで“表示”をクリックし、“隠しファイル”にチェックを入れます。

150828nec3_016

 ユーザーフォルダー内に“AppData”というフォルダーが見えるようになるはずです。このフォルダーが、メールやアプリのデータが保存されているフォルダーとなります。先ほどと同じように、このフォルダーを丸ごと新しいPCへとコピーしておきましょう。 150828nec3_017

 

新しいPCを選ぶおすすめポイント

 古いPCが動かなくなったからとお店に行っても、多くの機種があって迷ってしまいます。まずは自分がどのように使うのか、そのシーンやスタイルを考えておくと、機種選びがやりやすくなります。よくある利用シーンごとにまとめてみましたので、機種選びの参考にしてみてくださいね。

●家の中で使うのがメインで、写真の現像など重たい作業をやる

 重量は気にせず、純粋なPCの性能が高いものを選ぶといいでしょう。写真の現像も数枚ならば低スペックなPCでも問題ありませんが、写真が趣味で毎回数十枚も現像するというのであれば、CPU性能が高ければ高いほど快適になります。

『LAVIE Note Standard NS850/BAB』

150828nec3_018

 CPUに高速なコアi7-5500U、8GBのメモリー、1TBのSSHDを搭載したハイスペックノート。さらに15.6インチの液晶は3840×2160ドットの4Kに対応し、細部までクッキリと写真を表示できるのが魅力です。重量は約2.9キロあるので、持ち運びというよりは家の中での利用に向いています。
参考:カスタマイズモデル NEC Direct価格 9万7800円(税別)から。

『LAVIE Hybrid Frista HF750/BAB』150828nec3_019

 普段は据え置き型の一体型として、いざとなれば大型タブレットとしても利用できるユニークなモデル。バッテリーを内蔵しているので、部屋間の移動時にも電源を切らずに済むのが便利です。CPUはコアi7-5500U、メモリーは8GBと十分な性能。1TBのHDDを搭載しています。
参考:カスタマイズモデル NEC Direct価格 12万1800円(税別)から。

●普段は家の中で使うけど、いざとなれば屋外でも使いたい

 いつも持ち歩くようなモバイル用途がメインではないけれど、家の中で好きな場所に移動して使ったり、出張時には持ち出したいといった用途であれば、まずは性能重視。その中でも軽めのものを選ぶというのがオススメです。

『LAVIE Hybrid Advance HA850/BAS』

150828nec3_020 液晶が360度回転し、ノートやタブレット、テント、スタンドと4つのスタイルに変身。15.6インチの大きな液晶を搭載しているため、メインPCとして活躍してくれます。重量は約2.3キロです。CPUはコアi7-5500U、メモリーは8GB。256GBのSSDを搭載しています。
参考:カスタマイズモデル NEC Direct価格 17万800円(税別)から。

●屋外で使うのがメイン!軽くても、しっかり使えるものを

 軽さでいえばタブレットが良いですが、PCとしてフルに使うには難しいシーンが多くなってしまいます。PCとしてしっかりと使え、それでいて1キロを切っているような、性能と軽さを両立したモデルが最適でしょう。

『LAVIE Hybrid ZERO HZ750/BAB』150828nec3_021 タッチパネル搭載の13.3インチのWQHD(2560×1440ドット)液晶を採用しながら、わずか約926グラムという超軽量ノート(最軽量モデルは779g)。バッテリー駆動時間は9時間と長く、モバイルでも安心して利用できます。CPUはコアi7-5200U、メモリーは4GB。128GBのSSDを搭載。
参考:カスタマイズモデル NEC Direct価格 15万4800円(税別)から。

 以上、古いPCからHDDを取り出し、ファイルを救出する手順でした。今回はHDDは故障していないという場合だったのでなんとかなりましたが、HDDが壊れていた場合は、諦めるしかありません。そうならないよう、普段からバックアップを取るようにしておきたいですね。OneDriveなどのクラウドストレージを活用すると、手軽にバックアップがとれますよ。

(ライター 宮里圭介)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading