オススメ記事

Windows 10 にアップグレードする?PC買い換える?古いマシンで速度を比べてみた

関連記事

 Windows 10は、Windows 7やWindows 8.1から1年間は無料でアップグレードできます。とはいっても、PCの性能や装備によっては、インストールできない可能性もあります。また、インストールできたからといっても、快適に使えるかどうかは別です。
 アップグレードを実行する前に、自分のマシンで快適に動作するかどうかをチェックしてみましょう。

■まずはパソコンの性能をチェック!

 Windows 10に無料アップグレードできるのは、Windows 7 (SP1) または Windows 8.1 Updateが動作しているのが条件。Windows Updateで最新の状態にしていれば、”Windows 10を入手”アプリがタスクバーに表示されるはずです。アップグレードを予約しなかった人も、Windows 10発売から1年間は無料でアップグレードができるので、いまから実行する人もご心配なく。

●インストールされているOSの確認方法
エクスプローラで[コンピューター]を右クリックし、[プロパティ]をクリック。Windows Edition(Windowsのエディション)でOSのバージョンが確認できます。

ああああ

↑[コンピュータ]の[プロパティ]でWindowsのバージョンを確認。画面はWindows 7です。

「Windows 10 を入手」アプリでチェック

 Windows 10 の最小システム要件を満たしていても、ドライバーやファームウェア、アプリの互換性などによっては、アップグレードできない場合があります。”Windows 10 を入手する”アプリの”PC のチェック”機能を使えば、要件を満たしているかどうかが簡単にチェックできます。実際にやってみましょう。

タスクバーから「Windows 10を入手する」アプリを起動し、左上の三本線をクリック。

↑タスクバーから「Windows 10を入手する」アプリを起動し、左上の三本線をクリック。

メニューから「PCのチェック」をクリック。

↑メニューから「PCのチェック」をクリック。

使用中のPCの構成要素がWindows 10に対応しているかどうかを調べられる。

↑使用中のPCの構成要素がWindows 10に対応しているかどうかを調べられます。今回は無事、性能的にはアップグレードできるマシンでした。ただし、これだけでアップグレードがOKというわけではないのです。

●メーカーのサイトでアップグレード情報は必ずチェック!

  主要メーカーのサイトでは、アップグレード対象製品および、事前の準備や注意点などのサポート情報を公開しています。
 Windows 10の動作要件を満たしていたとしても、メーカーが動作保証していない場合があります。自分の使っているメーカーのサイトで、アップグレート対象製品かどうかを確認しましょう。
 対象製品以外でアップグレードすると、メーカー独自機能が動作しなくなるなどのトラブルの可能性があり得ます。

NEC – Windows 10 サポートのご案内

 

Windows 7Windows 8.1以前の古い世代のマシンでも動く?

 Windows 10の最小システム要件は次のようになっています。

Windows 10の最小システム要件
CPU: 1GHz以上
メモリー: 1GB(32bit版)、2GB(64 bit版)
ハードディスク空き領域:16GB以上(32bit版)、20GB以上(64 bit版)
グラフィック: DirectX 9以上(WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレー:1024×600ドット以上の画面解像度

 上記のように、Windows 10は、意外と高スペックを要求しません。
 タッチパネルも必須ではないので、スペックさえ満たせば旧世代のマシンでも動作する可能性はあります。
 そこで、マシンのOSがWindows Vistaなど、Windows 7/8.1以前のOSの場合、Windows 7/8.1 UpdateにアップグレードしてWindows 10にするのもひとつの手ではあります。

 ただし、せっかくお金と時間をかけてインストールしても、動作が遅く、期待どおりに動かないということは考えられます。

 参考までに、Windows Vista搭載でCPUがCore2 Duo 1.2GHzという2008年世代の『LaVie J LJ700/L』(旧LaVie)と、最新のCore i7-5500U(2.4GHz)の『LAVIE Hybrid ZERO HZ750』(新LAVIE)とでWindows 10の動作速度を比較してみました。これくらいの違いがあります。

PCの電源を入れてから、デスクトップ画面が出るまでの速度
 旧LaVie 約48秒 / 新LAVIE 約16秒

Edgeを起動して検索エリアにカーソルが出るまでの速度
 旧LaVie 約6秒 / 新LAVIE 約2秒

Mapを起動して現在地が表示されるまでの速度
 旧LaVie 約7秒 / 新LAVIE 約3秒

iTunesを起動してジャケット写真が表示されるまでの速度
 旧LaVie 約17秒 / 新LAVIE 約7.3秒

10ストアを起動してアプリの画像が表示されるまでの速度
 旧LaVie 約5秒 / 新LAVIE 約3.5秒

カレンダーを起動して表示されるまでの速度
 旧LaVie 約6秒 / 新LAVIE 約1.3秒

 多くの操作に2〜3倍の時間がかかるような状態で、たとえば起動時間などは30秒以上もの差がありました。
 つまり、Windows 10の動作要件を満たしているからといって、快適に動くかは別問題ということですね。
 もしPCの性能がギリギリなら、この機会に最新モデルに買い換えたほうが確実に快適に使えます。最新のWindows 8.1搭載モデルなら、アップグレードにかかる時間もずっと早いですし、Windows 10ならではの快適な操作感を楽しめますから!

(ライター松下典子)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading