オススメ記事

Windows 10でデジカメ写真の取り込み&簡単レタッチ術

関連記事

 PCの使い道はデジカメで撮影した写真の整理も、よく使う用途のひとつです。Windows 10の“フォト”アプリを使って、デジカメからの写真の取り込みから閲覧、ちょっとした編集機能まで使ってみましょう。

 

この記事の内容
■写真取り込み:デジカメ写真をパソコンに転送する2つの方法
■“コレクション”と“アルバム”の2種類の表示方法を使ってみよう
■写真をサッとキレイに修正できる編集機能を使おう

 

 それでは、解説していきましょう!

写真取り込み:デジカメ写真をパソコンに転送する2つの方法

 

 いちばんカンタンなのは、デジカメからSDカードを抜いてPCに付いているSDカードリーダーに挿しこみ、直接写真をコピーするといいでしょう。やり方は、SDカードの中の写真をピクチャーフォルダーへとコピーするだけです。あとはフォトアプリが自動で写真を見つけてくれます。

 

方法その1 SDカードから取り込む方法

 

デジカメからSDカードを抜いて、PCのカードリーダーに挿します。

デジカメからSDカードを抜いて、PCのカードリーダーに挿します。

150807neca004

撮影した写真をSDカードからピクチャフォルダーへとコピーすれば、PCで写真を管理できるようになります。もちろん、フォトでの閲覧も可能です。

 

方法その2 デジカメをUSBケーブルでパソコンにつないで取り込む方法

 

 PCにSDカードリーダーがない場合、デジカメ本体をUSBケーブルでPCと接続する方法もあります。デジカメに付属しているUSBケーブルを利用して、PCと接続します。

 続いて、検索画面で「フォト」と入力して、フォトアプリを起動します。
 “インポート”ボタンをクリックしましょう。取り込む写真の枚数とビデオの本数が表示され、インポートするかキャンセルするかを聞かれるので、“インポート”ボタンをクリックすると、取り込みが始まります。

 

20150807_it_photo01

デスクトップ画面の検索欄に「フォト」と入力してアプリを探して起動しましょう。

150807neca001

画面右上のインポートボタンをクリックして、接続したデジカメから写真を撮り込みます。

“インポート”ボタンをクリックすると、PCに保存されていないすべての写真とビデオの取り込みが始まります。

150807neca003

インポートの途中経過は、画面上部のバーで表示されます。写真の枚数が多いと時間がかかりますので、時間の余裕があるときに行なうのがおすすめです。

 

 無事に取り込みが終わると、コレクションで表示される写真が増えているはずです。全体をみて、ちゃんと取り込まれているのか確認しておきましょう。

 

“コレクション”と“アルバム”の2種類の表示方法を使ってみよう

 

 PCへと取り込んだ写真を閲覧するには、大きく2つのモードがあります。ひとつは“コレクション”で、撮影した日付ごとにすべての写真を表示するものです。
 上に行くほど新しく、下に行くほど古くなるように並んでいますので、「今年のゴールデンウィークの写真が見たい」といったような場合でも、簡単にスクロールして見つけ出すことができます。
 さらに昔の写真が見たいときは、年月部分をクリックしてください。すると年月一覧表示になるので、見たい過去の時期を選べば、長いスクロールをたどることなく簡単に遡れます。

 

150807neca005

“コレクション”では、新しい写真の順ですべての写真を並べて表示してくれます。スクロールで時間を遡れますが、一気に飛びたいときは年月部分をクリック。

150807neca006

年月一覧となるので、ここで表示したい年月を再度クリックすれば、その写真を見ることができます。

 

 もうひとつの閲覧モードが、“アルバム”です。こちらはすべての写真ではなく、自動的に選ばれた写真がグループごとに表示されるモードです。例えば2泊3日の旅行であれば、その期間中の写真が1つのアルバムとしてまとめられるのが便利です。写真は自動で選ばれますが、後から手動で追加することもできます。

 

150807neca007

“アルバム”で表示すると、複数の日にまたがる旅行中の写真も1つのアルバムとしてまとめられるため、非常に見やすくなる。アルバムにはすべての写真ではなく、自動で選ばれた写真だけが登録される。

 

写真をサッとキレイに修正できる編集機能を使おう

 

150807neca008

コレクションやアルバムから写真をクリックして表示し、右上のメニューから“編集”ボタンをクリックします。

150807neca009

“基本修正”では、自動の色補正、回転、クロップ、傾きの調整、赤目、修正が利用可能。少し失敗してしまった写真の手直しに活躍してくれます。

150807neca010

色を青よりや赤より、モノクロなどに変換できるのが“フィルター”機能。手軽に色味や雰囲気を変えられるので、とくにSNSへの投稿前に使うのが効果的です。

150807neca011

“ライト”は、写真の明るさやコントラスト、ハイライト、影の濃さを変えられる機能。メリハリをつけたり、影で潰れている部分をクッキリ表示させたい場合などに便利です。

150807neca012

色温度の変更や濃淡、鮮やかさを変更できるのが“カラー”。フィルターよりも自分好みの色味にできるので、凝りたい場合に重宝します。カラーブーストは、特定の色だけを鮮やかにできるのがおもしろいです。

150807neca013

“効果”では、周辺を暗くする“ふちどり”や、周囲をボケさせる“フォーカス範囲”といった特殊効果を追加できます。とくにフォーカス範囲は、見せたい部分を強調するのに便利です。

 

 フォトの基本的な使い方を紹介しました。とくに編集機能はお気に入りの写真の魅力をさらに高めてくれるだけに、うまく使いこなしたいですね!

(ライター宮里圭介)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading