オススメ記事

Excelを使いこなそう!

関連記事

 

 

日常的に使うことのあるExcel。皆さんはどのような使い方をしていますか?Excelにはたくさんの機能があることをご存知でしょうか?

今回は覚えておくと便利な機能の「関数」をいくつか紹介します!

 

日付や時間を表示するTODAYとNOW

 

書類を作成するにあたり日付や時間を打ち込むのが必要なことよくありますよね。

そんなときは、=TODAY()と打てば、セルの表示形式がyyyy/m/dになってくれます!

さらに=NOW()と打てば、セルの表示形式はyyyy/m/d/h:mmと今の時刻までも表示!

 

個数を求めるCOUNTとCOUNTA

 

例えば名簿を作ったとき、一列に名前を入れたのはいいものの、何人かわからない!なんてことありますよね。

そんなときは、=COUNTA(○:○)と、数えたい範囲を選択すれば一発で個数がわかります!COUNTは数えたい値が数字のとき、COUNTAはそれ以外のときに使用できます!

名前とかの数字じゃないものを数えたいときはCOUNTAで!

 

シートナンバーを見つけたいときはSHEET

 

何枚もタブを開いて資料を作るなんてときに、どの資料が何枚目にあるかわからないなんてことないですか?

そんなときは=SHEET(タブのタイトル)で何枚目にあるかが確認できます!

例えばタブが何十枚もある中で「英語」というタイトルのシートが何枚目にあるか確認したいときは、=SHEET(英語)とやれば何枚目にあるか表示されます!

多くシートを作ったときに、1枚目のシートにこれを表示しておくだけでも、後々見るときにラクになるのでオススメです!

 

ふりがなを振りたいときはPHONETIC

 

名簿を作る際にふりがなを振りたいときは必ずあります!

そのときは=PHONETIC(○:○)と、ふりがなを振りたい範囲を指定すれば一発でふりがなが出るのです!

ただし、コピーアンドペーストしたものはうまくいかないこともあります。さらに最近多い「キラキラネーム」などにも対応していないのでご注意を!

 

いかがでしたか?

Excelは様々な関数があり、使いこなせるととても便利なものです!

Microsoft Excel 2016には新しい関数が続々と追加されています。(今回ご紹介したのはずっとあるものです)

関数は難しいかも・・・と思われがちですが、関数のナビなども実は標準搭載されているので、ぜひいろいろ試してみてください!

 

ライター名:高橋 あけ乃

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading