オススメ記事

LAVIE HYBRID ZERO使ってみた – 村長のラビ日記その1 –

関連記事

どうも、こんにちは。

初めましての方ははじめまして、お久しぶりの方はお久しぶりです。村長です。

 

突然ですが私、

パソコン変えました。

 

ええ。正確にはもう一台パソコンが家に来ました。

ご存知の方もいるかと思いますが、私大学に通いながらダンスしながら某企業でインターンをするという面白い生活を送っているのです

なのでパソコンを持ち運ぶ機会が多いのですが、今までのパソコンが大きく重く、かばんに入れていると肩が痛くなってしまうので、最初は「元のPCはダンスでの編曲や動画編集を在宅で据え置きPCとして使用して、軽いパソコン買って仕事や大学に持ってこう」くらいに思っていました。

 

ところがどっこい、いざ家に来たこの子は私が当初予想していたスペックを遥かに上回っていたのです。

パソコン自体の詳しい特長はホームページでもなんでも見ていただければすぐに分かる時代になりましたので、この記事では「学生が実際に使ってみた感想」を主に書いていこうと思います。

 

ざっくりいうと「軽い。速い。オモロイ。」この3点。

 

軽い

 

最初持った時ほーんとうにびっくりしちゃった。軽すぎ。このパソコンのいいとこなに?って聞かれて真っ先に答えるのはこの軽さ。(926g、ホームページより)

私のスペイン語の教科書と同じくらいの薄さで、同じくらいの軽さ。まさに「持ち運ぶために開発されたパソコン」といった感じ。軽さについては次回の記事で詳しく書きますが、とにかく感動的。

 

速い

 

パソコンやスマホで「部品やスペックが数値的に上がった(らしい)ものの、実際の使用感、体感的には大して変わってないじゃん、、、」な感情に長年悩まされていた私なので、友人に「これ速いらしいよ」とオススメされた時も正直軽く流していたのですが。

何で説明するのが一番いいのか悩んだのですが、やはり立ち上げ、スタートアップの速さがスゴイと思う。3秒。完全にシャットダウン状態から、立ち上がってログイン画面になるまで約三秒(素人計測)。前のパソコンで悩まされていたマウスポインタの長時間フリーズ等もなく、快適。これ、すごくありがたいです。

 

オモロイ

 

タブレットになるの、すごく楽しい。キーボードを反対側に折り曲げてタブレット状にするのですが、折り曲げたらOSがタブレットモードになって、最適化される。すごいよねー。最初は「これそのうちバキッとか壊れちゃうんじゃないの・・・?」と思って恐る恐る変形させていたのですが、頑丈そうでよかった。

別にタブレットにしなくても画面のタッチは有効なのが、ワンポイント。ちょっとマウス動かすのがだるい時、ありますよね。画面上のリンクをタッチしたい時等。そんな時は一瞬でリンクをタッチすることができるので、直感的な操作ができるので大変嬉しい。

 

さて、というわけで私とLavie(以下、ラビちゃんと呼びます)の生活が始まったわけですが。

これから半年間に渡り、「学生の実生活の中のラビちゃん」をテーマに、リアルな感想を皆様にお伝えしていければと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

 

それではまた次回!

 

村長

 

下記画像をクリックしてWindows 10 搭載の LAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading