オススメ記事

画面キャプチャの新しい保存方法!? Windows 10のキャプチャ機能はめちゃくちゃ進化していた!

関連記事

※画面はイメージです。写真で使用しているパソコンはLAVIE Hybrid ZEROです。

 

この記事の内容
■Windowsのキャプチャといえば、PrintScreen
■Windows10のキャプチャツールは、Snipping Tool
■さらにビデオのキャプチャもできるので、操作説明動画も録画できます

 

Windows10の無償ダウンロード期間もあと残りわずかです。Windows10はマイクロソフト社のOS最新版。Windows10には利便性を追求したキャプチャと録画の機能が搭載されています。今回はその機能についてご案内します。

 

Windowsのキャプチャといえば、PrintScreen

 

私は、パソコンの画面をそのまま記録したいときはPrintScreenを押してペイントを開いて貼り付け、サイズ変更やトリミングなどの編集・加工をしていました。

 

Windows 8からの標準機能でWin+PrintScreenで画面がそのまま保存できます

 

Windows歴15年以上。画面のキャプチャといえばPrintScreenとペイントの併用が揺るがない常識となっていましたが、Windows8からの標準機能でWin+PrintScreenで画面がそのまま保存できます。※ノートパソコンの場合は機種によってはFnをさらに押す必要がある場合もあります。キャプチャ画像はピクチャフォルダにおいてスクリーンショットフォルダが自動生成されその中に保管されます。ペイント要らずでとても便利な機能ですよね。

 

無知とは怖いもので、さらに、便利な機能がリリースされていました。それがSnipping Toolです。

 

Windows 10のキャプチャツールは、Snipping Tool

 

Snipping Toolはキャプチャ方法が選べます

 

Snipping Toolは、スタートメニュー横の検索窓でだいたいsnと打てば候補の中に出てきます。もしくはアクセサリの中に入っています。

 

クリックすると画面上に小さいツールバーが出てきます。左より新規作成・遅延・キャンセル・オプションとあり、キャプチャを撮るときは「新規作成」を選択します。新規作成の右側に▼マークがあり、クリックすればキャプチャ方法が選べます。自由形式、四角形、ウインドウ、全画面の4つです。

 

それぞれ、次のようなキャプチャが撮れ、そのまま保存ができます。

 

自由形式、四角形、ウインドウ、全画面の4つのキャプチャ方法が選べます

 

自由形式→マウスなどで描いた任意の図形で

四角形→マウスでドラッグした任意のサイズで

ウインドウ→選択したウインドウ全体

全画面→画面をそのまま

 

従来はPrintScreen=全画面、Alt+PrintScreen=最前面ウインドウのキャプチャのみでしたので、この機能さえあれば、ペイントでトリミング加工することなく記録したい部分だけ残せるというわけです。

 

ツールボックスは、撮れたキャプチャ画面には写り込みません。また、Snipping Toolを起動すると右クリックで表示されていたメニューが消えるため、右クリックメニューはキャプチャできません。そのときは「遅延」機能で補い解決できます。

 

遅延は最大5秒まで設定可能となります。5秒を選択し新規作成などをクリックすると5秒後の画面が記録される仕組みです。その5秒間に再度、右クリックメニューを表示させキャプチャされるのを待ちます。

 

PrintScreenとペイントの併用とは違い、Snipping Toolなら残したい領域を選択→保存の2工程で済み、PrintScreen→ペイント起動→貼り付け→トリミング→保存という長い工程が不要で時短できます。どんどんキャプチャしてサクサクと保存していくことができるのです。

 

ただ、Snipping Toolでキャプチャしたものの、サイズを調整したい、上手くトリミングできていなかったときは、ペイントを起動し貼り付けて編集することができますので安心してください。

 

Snipping Toolは画面下のタスクバーに固定、スタート画面にピン留めできます。そうすることで、起動するたびに検索窓で探し出す必要はなくなります。頻繁に使いそうであればタスクバーに固定しましょう。

 

さらにビデオのキャプチャもできるので、操作説明動画も録画できます

 

Win+Gを押すとゲームバーが起動

 

PCユーザーやゲーマーなら誰もがPCモニターをそのまま録画したいと思った瞬間があると思います。動画再生中やゲーム中などにWin+Gを押すとゲームバーが起動し、これらは動画として保存されます。

 

操作説明動画などを録画しておけばオフラインでも見ることができます

 

例えば、操作説明動画などを録画しておけばオフラインでも見ることができて永久保存版としても残すことができます。

 

PC > ビデオ > キャプチャにデータが保存されます

 

※ビデオキャプチャ機能は、お使いの機種のハードウェアによっては、サポートされていない場合があります。

詳しくは、Windows 10 のゲーム録画に関するハードウェア要件をご確認ください。

キャプチャと録画、Windows 10標準搭載の2つの機能、ぜひお試しください!

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてWindows 10 搭載の LAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading