オススメ記事

パソコンで簡単!世界にひとつのオリジナル手作りカレンダー【後編】

関連記事

この記事の内容

もっと簡単に作る方法はないのか?

作ったデータをどうやってカレンダーにする?<印刷・プレゼント方法>

まとめ

 

もっと簡単に作る方法はないのか?

 

いろいろ自分で作成するのは、「難しそうだしできないよ~」という方は、もっと簡単に作る方法がいくつかあるのでご紹介しておきます。

 

<1>無料のテンプレートをインターネット上からGET!

オリジナルカレンダーを作るための素材をネット上からダウンロードするという方法です。いろんなテンプレートが無料で使えるので、自分の気に入ったものをダウンロードして作成することができます。

MicroSoftが運営しているサイト 楽しもう OfficeライフからテンプレートをGET!

 

MicroSoftが運営しているサイト 楽しもう Officeライフ からテンプレートをGET!

 

<2>オリジナルカレンダーを作ってくれるサービスを活用

卓上型のオリジナルカレンダーを1部から作ってくれるサービス「TOLOT」です。12種類のテンプレートから好きなデザインを選び、自分たちで撮影したお写真を送ると完成します。1部500円とお手頃で送料は無料、最短5日間で自宅に郵送されてきます。

 

卓上型のオリジナルカレンダーを1部から作ってくれるサービス「TOLOT」

 

でもどちらとも自分の求めるデザインにはできないので、完全オリジナルカレンダーを作りたいという方は、パソコンでオフィスを活用してオリジナルのカレンダーを作っちゃいましょう!

 

作ったデータをどうやってカレンダーにする?<印刷・プレゼント方法>

 

では、本題に戻ります。自分で作成したデータをどのようにしてカレンダーにしていきましょうか?

ひとつは、ご自宅にプリンタがあればプリントしてカレンダーにするという方法ですね。その他にもせっかく一生懸命作成したデータなので、しっかりと製本するという方法もあります。それは、印刷業者を使うという方法です。近所にカレンダー印刷をしているお店やネット上からカレンダーにしてくれるサービス会社を探して依頼すると、しっかりした卓上カレンダーや、本物同様のカレンダーになっちゃいますよ!!

 

印刷方法以外にもこんな方法でプレゼントすると喜ばれるという方法も一緒にご紹介しておきます。

それは、作成したデータを画像データに変換して家族やLINEなどで送ってプレゼントしてあげるという方法です。例えばですが、毎月月末になったら作成していたカレンダーを送ってあげるとか喜んでくれると思いませんか?それをスマホやパソコンのホーム画面やデスクトップ画面にするという使い方もできます!!

 

☆作成したパワーポイントを画像データにする方法☆【分からない方のために】

まず、画像データにしたいパワーポイントで作成したデータを開きます。その後普段保存する際に使う左上にある「ファイル」をクリックして「名前をつけて保存」をクリックします。普段だとこのまま名前を変更して保存するかと思いますが、この画面で一手間かけると画像データに変換することができます。まずは、下の写真をご確認ください。

 

今回は写真のデータに変更したいのでこれを「JPEG」に変換しました。

 

この写真上にあるファイルの種類という項目で変換するんです!普段はパワーポイントのまま保存しているかと思いますが、今回は写真のデータに変更したいのでこれを「JPEG」に変換しました。そして保存すると、パワーポイントのデータが写真のデータになります。

まとめ

 

今回はパソコンで自作のオリジナルカレンダーを作る方法をご紹介してきました。

実際に作ったカレンダーを飾ってみると満足感もあり良いですよ!!ご自分の得意なオフィスを使って簡単にできるので是非やってみてください。一度作ると毎年作りたくなるかと思いますよ!!

 

ライター名:saori

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading