オススメ記事

マイナンバーとは?いよいよ運用開始!個人番号カードの作り方は?【前編】

関連記事

この記事の内容

■個人番号カードを作りたい、どこで?どうやって?

■個人番号カードを作るのは義務なの?

■個人番号カードがあったほうがいい人とは?

 

マイナンバー制度がスタートし個人番号カード(マイナンバーカード)の交付も始まりました。

 

今年からマイナンバー制度がスタートし個人番号カード(マイナンバーカード)の交付も始まりました。平成29年1月からは「マイナポータル」というサイトが運用開始となる予定です。このサイトでは、行政機関による自分の情報のやりとりの履歴を確認できたり引越しなどの手続きをワンストップでできたり、納税などもキャッシュレスで決済できるようになる予定のようです。このサイトを利用するには、基本的に個人番号カードが必要になるそうです。

 

私もいずれは作るつもりなのですが、そこで疑問に浮かんできたのが、個人番号カードはどこで、どうやって作るのか?などです。前編では個人番号カードの基本についてお伝えします。

 

個人番号カードを作りたい、どこで?どうやって?

 

個人番号カードは、通知カードのキリトリ線部分で切り離し、必要事項を記入し、印鑑を押して、自分の顔写真を貼付して返信用封筒で郵送する方法と、お持ちのスマホやパソコンから行う方法などがあります。自宅で手軽に行えます。

 

個人番号カードを作るのは義務なの?

 

あくまでも任意のようですが、個人番号カードを持っておくと前出のマイナポータルへのログイン、行政手続のオンライン申請に利用でき、金融機関における口座開設やパスポートを作るときの公的な身分証明書になり得る、コンビニなどで住民票や印鑑証明などが取得できるようになるというメリットがあります。

 

個人番号カードがあったほうがいい人とは?

 

現時点で免許証やパスポートなど公の写真付き身分証明書になるものを1枚も持っていない方やマイナポータルを活用したいとお考えの方は取得しておくと良いでしょう。ただ、カードには個人情報が入ったICチップが搭載されていますので、紛失しないように厳重な管理が必要です。

また、個人の方がe-Taxで確定申告を行う際に必要な公的個人認証サービスに基づく電子証明書については、現在、「住民基本台帳カード」に組み込まれますが、今年の1月から、「個人番号カード」に組み込まれることとなります。

 

後編では個人番号カードの作成手順についてお伝えします。

 

 (ライター 石盛丈博)

※情報は2016年4月現在の情報になります。

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading