オススメ記事

Windows 10 タブレットのストレージ容量が少なくてアプリがインストールできない!SDカード × VHDで解決!【前編】

関連記事

 

 

この記事の内容

■本格的なタブレットユーザーの悩み、アプリを入れるたび容量が気になる!

■VHDという拡張規格、これでいつでもソフトのインストールなどが可能に!

 

本格的なタブレットユーザーの悩み、アプリを入れるたび容量が気になる!

 

パソコンといえばデスクトップかノートでしたが、進化を極めタブレットPCという第三のジャンルが確立、浸透しつつあります。

 

しかし、ここ数年で台頭してきたWindowsタブレットを購入された多くの方が「容量が少ない」と感じているのではないでしょうか?

 

デスクトップやノートでは大容量が当たり前ですが、タブレットのWindows端末などは16~64GBの容量のものが多いようです。実際の使用領域はもっと少なくなります。

 

一例として実際の32GB端末の空き容量

 

特にMicrosoft Officeをインストールするとなれば、約3GB程の空き容量が必要になります。

 

スマホもそうですが、アプリを入れるたび容量が足りず、使わないアプリやデータを削除した経験はありませんか?容量が増えるとパソコンが重たくなりサクサク動かなくなるのも悩みです。

 

ポータブルの便利さを損なわずに容量を増やせる何か良い方法はないのかな?とこのページにたどり着かれた方、実を言うとその方法はあります。

 

それはVHDを利用するという方法です。

 

VHDという拡張規格、これでいつでもソフトのインストールなどが可能に!

 

VHDとはVirtual Hard Diskの略です。馴染みのある言葉に言い換えると「仮想ドライブ」です。

 

この方法は、タブレットに仮想ドライブを組み込むことで、タブレットの容量を増やしてしまおうというものです。それを実現してくれるのがSDカードになります。

 

一見当たり前ですが、SDカードを入れただけでは、通常アプリケーションのインストールやごみ箱を経由してのファイル削除はできませんが仮想ドライブを作成すれば可能になります。

 

 

SDカードって外付けHDDよりも小さくて軽く値段もお手頃ですよね。それで本当にタブレットの容量が増えるのでしょうか?実際に検証しました。

 

検証に入る前に私は128GBのmicroSDXCカードを購入しました。SDカード(microSDカード)についてはタブレット本体や説明書などを確認のうえ購入されてください。

 

後編では、実際の手順を時系列で細かく説明します。

 

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading