オススメ記事

LAVIE Hybrid ZEROでいち早くBash on Ubuntu on Windowsを体験する

関連記事

サンフランシスコで行われた Build 2016 で、時期Windows 10のアップデートであるWindows 10 Anniversary Updateの内容が公開されました。中でも注目を集めたのはWindowsの中でBashが動作する「Bash on Ubuntu on Windows」の機能です。

この記事では、Bash on Ubuntu on Windowsをいち早く体験する方法を紹介するとともに、実際に使ってみての使い心地をレポートします!

 

Bash on Ubuntu on Windowsは、通常の仮想化ソフトとは違い、WindowsのサブシステムとしてLinuxを動かしています。そのため、仮想化ソフトを使うよりも動作の高速化や省電力化が望めます。また、Hyper-Vが使えない、Windows 10 Homeでも快適に使えます。

「Windowsを使ってきたけど、開発はLinuxが向いているからVirtualBoxを入れて頑張って使ってきた…」なんてことも、もうおさらばになるかもしれません。

Windows 10 Anniversary Updateは、今夏に一般提供される予定ですが、Windows Insider Previewというプログラムに参加することで、いち早く次の機能を体験することができます。

今回のお題のBash on Ubuntu on Windowsは、4月6日から配信された Build 14316 から利用することができます。

 

※本記事の内容の実行に関しては、全て自己責任の下に行ってください。内容の実行により発生したいかなる被害について、筆者及びその関連する者はその責任を負いません。

 

Bash on Ubuntu on Windows を入れてみる

 

では、早速Bash on Ubuntu on Windowsを入れてみましょう。(ちなみに導入まで数日かかるので、焦らずにいきましょう。)

 

1.「設定」を開き、「Windows Update「詳細オプション」の「Insider Preview ビルドの入手」

 

1.「設定」を開き、「Windows Update」→「詳細オプション」の「Insider Preview ビルドの入手」

 

ここから、Insider Preview プログラムへ参加を行います。ブラウザが立ち上がりMicrosoft アカウントの認証や利用規約の同意が求められます。 また、Insider Preview プログラムへ参加後、InsiderのレベルをFast(ファスト)にする必要があります。

 

2.「設定」を開き、「更新とセキュリティ」「開発者向け」

 

2.「設定」を開き、「更新とセキュリティ」→「開発者向け」

 

こちらも、画面と同じく「開発者モード」に設定します。

ここまで、完了したらしばらく待つ必要があります。数日くらい経つと、Insider Preview ビルドが配布されます。気長に待ちましょう。

 

3.(数日すると)Windows Updateの項目にInsider Pereview ビルドがあるので、「今ますぐインストール」からアップデート

 

3.(数日すると)Windows Updateの項目にInsider Pereview ビルドがあるので、「今ますぐインストール」からアップデート

 

アップデートのインストールにはしばらく時間が必要となり、何度か再起動も行われます。

「システム」を開くと「Windows 10 Home Insider Preview」と記載されています

 

「システム」を開くと「Windows 10 Home Insider Preview」と記載されています

 

デスクトップの右下にもInsider Previewである旨が記載されています

 

デスクトップの右下にもInsider Previewである旨が記載されています

 

4.「コントロールパネル」を開き、「Windowsの機能の有効化または無効化」

 

4.「コントロールパネル」を開き、「Windowsの機能の有効化または無効化」

 

 「Windows Subsystem for Linux (Beta)」のチェックボックスをONにします。設定後、再起動が行われます。

 

5.「スタート」から「bash」と入力してbash(正確にはMicrosoft Bash ランチャー)を開く

 

5.「スタート」から「bash」と入力してbash(正確にはMicrosoft Bash ランチャー)を開く

 

6.ターミナルを開き、「y」とリターンキー

 

6.ターミナルを開き、「y」とリターンキー

 

Windows Storeから必要なファイルのダウンロードがはじまります (ちなみに、私は1日放置したのですが、全く進展なく、一度終了させて起動したらすぐに終わりました)

 

7.しばらくするとBashが表示されます

 

7.しばらくするとBashが表示されます

 

Bash on Ubuntu on Windows で遊んでみる

 

試しにルートディレクトリのリストを表示してみた ちなみに、中身はパッケージマネージャーとしてaptが使えます。apt-getで様々なアプリケーションが入れられます 

 

試しにルートディレクトリのリストを表示してみた

 

apt-get updateを実行している時のCPUの状態。仮想化ソフトでは排熱がすごかったのですが、Bash on Ubuntu on Windowsでは、全く気にすることなく動いていました。 

 

apt-get updateを実行している時のCPUの状態。

 

ここまで、Insider Preview ビルドを使って、いち早くBash on Ubuntu on Windowsを体験する方法について書いてきました。 今回はここまでとなりますが、LAVIE Hybrid ZEROでも(今の所)問題なく動作しています。冒頭にも申し上げましたが、Insider Preview ビルドの適用はあくまでも、自己責任でお願いします。

 

ライター名:山中 勇成

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading