オススメ記事

Windows 10を無料でインストールする方法はコレ!

関連記事

■アップグレード手順をおさらい

 今、Windows 7とWindows 8(8.1)のPCを使っている人は、Windows 10は無料でインストールすることができます。無料アップグレードの期間は、1年間になっています。自分の使っているPCを利用して、アップグレードができますので、その方法を確認してみましょう。

 アップグレード方法はいくつか用意されますが、その代表的なものが、ウィンドウズの純正機能をつかって、ネットからWindows10アップグレード用データをダウンロードする方法です。このファイルの受信に必要なのが、「無償アップグレード」の予約です。ただし、予約さえすればスグにファイルをダウンロードし始めるのではなく、PC側はもちろん、マイクロソフト側の準備も整ってからとなります。順番にアップグレードが可能になるので、待つ必要があります。待ち時間は人によって変わります。

 ここではこのアップグレードの予約方法、そして一度予約したあとの解除方法を紹介します。また、少しPCに詳しい人向けとなってしまいますが、待たずにアップグレードできる、別のツールを使った方法も、最後に紹介しておきます。

■Windows 10のアップグレード予約

 まずはタスクバーの通知領域にあるウィンドウズのアイコンを左クリックします。すると、「Windows 10を入手する」という画面が表示されます。もしアイコンが表示されていない場合は、先にWindows Updateの設定を見て、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」となっていることを確認したうえで、Windows Updateをすべて適用してみてください。

通知領域のアイコンをクリックする

150730aszknec001an

白いウィンドウズのアイコンをクリックすると、「Windows 10を入手する」が始まります。

もし、通知領域にアイコンがみあたらない場合は……

150730aszknec002a

Windows Updateの設定を見直してみましょう。「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」を選択し、更新プログラムをチェック。更新があるものはすべて適用しておきます。

 下の「Windows 10を入手する」の画面では、アップグレードの手順として1~3までのステップが表示されています。ここを見てもわかるとおり、最初の「予約」をするのが準備で、あとはダウンロードが完了するまで気長に待つことになります。では、実際に予約をしてみましょう!

(1)「Windows 10を入手する」で手順を確認

手順といっても、やることは「予約」をするだけ。難しいことはありません。

手順といっても、やることは「予約」をするだけ。難しいことはありません。

(2)予約開始画面はWindows Updateにも表示

150730aszknec004a

予約可能な状態になっていると、通知領域のアイコンからだけでなく、Windows Updateの画面からも予約ができるようになります。

 慌てて予約ボタンをクリックする前に、まずは自分のPCがアップグレードできるのかを確認してみましょう。「Windows 10を入手する」画面で「このPCは互換性があります」と出ていれば大丈夫ですが、さらに「レポートの表示」とある部分をクリックすると、詳細を確認できます。

(3)レポートで対応状況の詳細をチェック

150730aszknec005a

PCの要件、たとえばCPUの速度やメモリーの容量と、インストールされているアプリや保存されているデータに関してチェックしてくれます。ただしこれは最低限のチェックで、Windows 10へアップグレードしてもすべてが完璧に動作する、という保証ではありません。

 要件を満たしていないといった問題があるときは、残念ながらWindows 10へのアップグレードはひとまず保留しておいた方が安全です。

 左上のメニューボタンをクリックして「無償でアップグレード」を選ぶか、「Windows 10を入手する」を閉じて、もう一度通知領域のアイコンをクリックすると、最初の画面に戻ります。そして今度は「無償アップグレードの予約」ボタンをクリック。予約画面が表示されますので、メールアドレスを入力し、「確認の送信」ボタンをクリックしましょう。なお確認メールが必要ない場合は、何も入力せずに「電子メールによる確認をスキップする」をクリックします。

(4)アップグレード予約を確定

150730aszknec006a

電子メールでの確認が必要ない場合は、「電子メールによる確認をスキップする」をクリックすれば完了です。準備が整った場合の通知などが欲しい場合は、メールアドレスを入力して「確認の送信」をクリックしましょう。どちらの場合でも、予約できることに変わりはありません。

 さて、これで予約は完了です。あとはアップグレードの準備が終わるまで気長に待ちましょう。

(5)予約完了!

150730aszknec007a

通知領域のウィンドウズアイコンをクリックすると、予約していることが確認できます。

■一度行なった予約を解除するには?

 予約をしたからといって、強制的にWindows 10へとアップグレードされてしまうわけではありませんが、調べていくうちに普段PCで使っている機器が対応していないことがわかった場合など、予約を取り消したくなることがあります。

 予約を取り消すには、通知領域にあるウィンドウズのアイコンをクリックし、「Windows 10を入手する」を表示してから、左上のメニューボタンをクリック。ここから、「確認の表示」をクリックします。

メニューから「確認の表示」をクリック

150730aszknec008a

まずは予約状況を確認するために、左上のメニューボタンから「確認の表示」を選んでクリックします。

 Windows 10へのアップグレードが予約されている証拠となる、「アップグレードを予約しました」という画面が表示されます。ここで、左下の「予約の取り消し」をクリックすれば、アップグレードの予約が解除されます。

「予約の取り消し」をクリック

左下の「予約の取り消し」をクリックすれば解除され、Windows 10のファイルがダウンロードされなくなります。

左下の「予約の取り消し」をクリックすれば解除され、Windows 10のファイルがダウンロードされなくなります。

予約の取り消しを確認

本当に取り消していいかの確認画面となりますので、ここで「予約の取り消し」を再度クリックすれば、予約が取り消されます。

本当に取り消していいかの確認画面となりますので、ここで「予約の取り消し」を再度クリックすれば、予約が取り消されます。

取り消し完了!

150730aszknec011a

予約の取り消しが完了すると、この画面が表示されます。「閉じる」で終了しましょう。

 なお、予約を取り消しても「Windows 10を入手する」を呼び出す通知領域のウィンドウズアイコンは消えません。「やっぱりWindows 10へアップグレードしたい!」と思い直した時は、もう一度同じ手順で予約すれば大丈夫です。

(ライター 宮里圭介)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading