オススメ記事

Windows 10とWindows 7はココが違って、ココが同じ!

関連記事

■Windows 10の画面は違っているようでWindows 7と結構同じ!

 Windows 8から導入された「スタート画面」。デスクトップ画面に替わる、新しいメイン画面として期待されていましたが、従来との操作性の変化が大きく、多くのアプリはデスクトップ画面で動作するため、あまり活用していないという人もいるかもしれません。
 さらに、以前のWindowsから続いていた「スタートメニュー」が削除されてしまったこともあって、結局Windows 8へ移行せず、今でもWindows 7を使い続けているという人も多いのではないでしょうか。

 そこで今回は、Windows 7、8.1、10の3世代のOSの何が違ってどこが変わっているか、デスクトップ画面を中心にチェックしてみたいと思います。同じと知れば、安心して、Windows 10に移行できるようになりますよ。

■スタートメニューが復活

Windows 10のスタートメニュー

Windows 10のスタートメニュー

Windows 7のように、デスクトップ上に表示されるメニューに戻ったのが、Windows 10のスタートメニューです。左側によく使うアプリ、右側にタイルが並んだデザインは、Windows 7とWindows 8.1のいい部分を取り入れた新しいものです。

Windows 7のスタートメニュー

Windows 7のスタートメニュー

左側によく使うプログラム、右側にはユーザーフォルダーやコントロールパネルなど、よく使う機能へのショートカットがあります。また、「すべてのプログラム」があり、ここからインストールされているアプリを起動できます。

Windows 8.1のスタート画面

150730aszknec002

画面全体に表示されるのが、スタート画面の特長です。タイルを使った新しいデザインはタッチ操作では便利であるものの、マウスでは移動量が大きくなって操作が煩雑になることも。また、タイルにないアプリを起動するには左下の「↓」をクリックして画面を切り替える必要があります。

 こうして並べて見るとよくわかりますが、Windows 10のスタートメニューは、Windows 7にあったマウスでの使いやすさと、Windows 8.1でのタイルを使ったタッチ操作のしやすさ、両方をうまく取り入れています。

 もう一点、Windows 8.1で大きく変わったのが、シャットダウンの仕方、つまり電源の切り方です。Windows 7ならスタートメニューからスグに「シャットダウン」や「再起動」が選べましたが、Windows 8.1ではスタート画面の右上まで移動するか、チャームを開いて「設定」をクリックし、ようやく電源が表示できるというものでした。
 これもタッチ操作なら問題ないのですが、マウスだと移動量が大きくなっていました。Windows 10では見てのとおりスタートメニューの左下、「すべてのアプリ」のすぐ上にありますから、Windows 7と同じ操作に戻っています。
 ずっとWindowsを使い続けてきた人にも、違和感なく使えるはずです。

 マウスでもタッチ操作でも使いやすい……これがWindows 10のスタートメニューなんです!

■ブラウザーが大きく進化!軽くなった「Microsoft Edge」

 Windows 7とWindows 10で大きく変わった点といえば、標準搭載のウェブブラウザーが「Internet Explorer(IE)」から「Microsoft Edge」になったことがあげられます。動作が軽くなったのはもちろんですが、古いテクノロジーのセキュリティホール(ぜい弱性)を突いた攻撃から身を守れるため、より高速でより安全に使えるようになっています。

 見た目はWindows 8.1にもあったストアアプリのInternet Explorerに似ていますが、お気に入りや履歴などを管理する「ハブ」や、ウェブページに追記して保存できる「Webノートの作成」といった新機能があります。とくに「Webノートの作成」は、気になるニュースのチェックや情報収集に便利な機能。保存先にデジタルノートの「OneNote」を選ぶことができますので、資料を集める機能としても活躍してくれるでしょう。

「Webノートの作成」機能で追記する

150730aszknec004n

蛍光ペンを使った装飾やコメントの追加などで、ページ内の注目部分を強調できます。単純にお気に入りに追加するだけでは見どころがわかりませんが、Webノートの作成機能を使えば、見やすくわかりやすくなります。

 もちろん、従来のInternet Explorerも搭載しています。Microsoft Edgeではうまく表示できなかったり、対応していないようなウェブサイトでも、こちらのIEを使えば表示できるはずです。メニューから「Internet Explorerで開く」を選ぶと、同じページをIEで開いてくれるのが便利です。

IEへの表示切り替えが簡単

150730aszknec005n

右端のメニューボタンをクリックし、「Internet Explorerで開く」を選ぶだけ。これで、同じページを従来のIEで開き直してくれます。

 ブラウザーが新しくなると聞いて心配していた人でも、従来のIEもちゃんと残っているとわかれば、安心してWindows 10へと移行できますよね。

■タスクバーからの検索で、すばやく検索&アプリ起動

 Windows 10の新機能としておすすめなのが、タスクバーに搭載されている検索機能。見た目はWindows 8.1のタスクバーにツールバーとして追加できる「アドレスバー」に近いものなのですが、機能は「検索」そのもの。ここからPC内のファイルやアプリ、ウェブページまで、なんでも検索ができます。これらはWindows 7にはなかったとても便利な機能です。

Windows 8.1のアドレスバー

150730aszknec006

ブラウザーを起動して入力したアドレスを開く機能。タスクバーに入力ボックスがあるという意味では似ていますが、機能は全然違います。

Windows 10にあるタスクバーの検索

150730aszknec007

スタートボタン右にあるのが、検索ボックス。ファイルやアプリ、Web検索までなんでもこなせる便利な機能です。

 とくに便利なのが、アプリを検索できること。たとえば従来のInternet Explorerを起動する場合ですが、スタートメニューから起動しようとすると、「すべてのアプリ」から「Windowsアクセサリ」を選び、「Internet Explorer」をクリックしてようやく起動できます。しかし、このタスクバー検索を使えば、「ie」と入力するだけで起動できるのです。

150730aszknec008

検索は入力するたびに候補が絞られていくので、途中まで入力するだけで探し物が見つかることも。「ie」のような略語でも、「Internet Explorer」と認識してくれます。

150730aszknec009

同じく起動がたいへんな「ペイント」などのアクセサリも「paint」と入力すれば起動可能。もちろん、日本語での検索にも対応しています。

 もちろんファイル検索機能も強力で、なんとファイル名だけでなくファイルの中身まで検索してくれます。書いた内容はなんとなく覚えているけど、ファイル名を忘れてしまった……といった書類も、検索機能を使えば一発で見つけられます。

 また、音声での検索が可能なパーソナルアシスタント「Cortana」(コルタナ)にも対応予定。スケジュールの確認や追加、アラームのセット、音楽の再生など、便利な機能を音声だけで操作できるようになります。日本語版ではまだ使えませんが、近い将来、使えるようになるのが楽しみです。

(ライター 宮里圭介)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading