オススメ記事

パソコンが重い?そんなときに見直したい項目はコレ!【前編】

関連記事

この記事の内容

■知らず知らずにパソコンを酷使していませんか?

■基本的なパソコンの容量についておさらい

■メンテナンスの基本はごみ箱とディスクのクリーンアップ

 

パソコンが重いときは軽くします!でも、具体的にどうすれば良いのか悩むところですよね?

 

知らず知らずにパソコンを酷使していませんか?

 

パソコンは使えば使うほどデータが蓄積され動作が重くなります。また、自動起動・バックグラウンド起動するプログラムもあり知らない間にパソコンを酷使していることがあります。

 

1.自動起動するプログラムをチェック

 

おすすめ設定画面

 

 NECのPCの「おすすめ設定」は、購入時の設定ナビとして自動起動して設定できます設定を終えたら「自動起動しない」にチェックを入れ閉じると次から起動しません。そのほか、タスクマネージャーを開けば自動起動するプログラムをチェックできます。

自動で起動するプログラムが多くなると起動時にパソコンの動作が重くなりがちなので明らかに不要なプログラムは無効化しましょう。

 

タスクマネージャーのスタートアップ変更画面

 

2.バックグラウンド起動プログラムもチェック

 

 タスクマネージャー「サービス」から今まさに起動しているプログラムを確認できます。動作に不可欠なプログラム以外で不要なものは停止しても良いでしょう。

 

基本的なパソコンの容量についておさらい

 

パソコンを構成するデータには容量が生じます。デスクトップ上のショートカットでも2KB程度の容量があります。

 

さまざまなファイル

 

 簡単なイラスト、テキストのみのファイルは軽いのですが、写真、動画の容量は重くなります。文字数、サイズ、録画時間や画質で容量は変化します。

 

 また、ウェブ閲覧履歴、入力した文字やパスワードはクッキーとして記録され、読み込んだ画像もキャッシュとして残ります。これもパソコンを重くする一因です。

 

メンテナンスの基本はごみ箱とディスクのクリーンアップ

 

 前述したプログラムのチェック。方法はわかったけど、どれが不要かわからない。ほかに軽くする方法はないの?と思われている方も多いと思います。

 

 定期的にごみ箱を空にし、クリーンアップするのが簡単な方法です。ごみ箱は空にしなければ容量は減りません。クリーンアップで不要なファイルを削除すれば、それだけでパソコンは軽くなります。ちなみに今日削除できた容量は1GB超えでした。また、ドライブの最適化も基本です。

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading