オススメ記事

パソコンが重い?そんなときに見直したい項目はコレ!【後編】

関連記事

この記事の内容

■この機会にビルドアンドスクラップ!

■まだまだパソコンを軽くする方法はこんなにたくさん!

■最新型ならCドライブも大容量でサクサク動く

 

前編では、パソコンの動作が重くなる原因とメンテナンス方法をお伝えしました。後編ではパソコンを軽くするそのほかの方法をご提案します。

 

この機会にビルドアンドスクラップ!

 

新しい機器やプログラムがリリースされ便利なものが登場すると多くの人はスグ乗り換えます(ビルド)。そのため長い間使わない・重複したプログラムが出てきます。そのようなプログラムはスクラップしましょう。

 

たとえば、昔のプリンタドライバ、重複したPDFや計算のソフト、ネットブラウザも使いこなしていない場合は普段使うもの以外は削除しましょう。

 

プログラムと機能で使用していないアプリケーションの削除

 

まだまだパソコンを軽くする方法はこんなにたくさん!

 

1.スケジュールスキャンの見直し

 

パソコン使用時にセキュリティソフトのスケジュールスキャンをしていませんか?スキャン中はパソコンが重くなります。

 

2.無駄なアニメーションの無効化

 

コンピュータを見やすくする設定画面

 

コントロールパネルで必要のないアニメーションを無効にするだけでPCは軽くなります。

 

3.使っていない機器を外す

 

接続している機器が原因で動作が遅くなることも。ドライバを更新するか使っていない場合は外してしまいましょう。

 

4.Cドライブはパフォーマンス優先で!

 

外付けHDD

 

 CドライブはOSが組み込まれているHDDです。Cドライブに保存するデータを最低限にしましょう。Dドライブや外付けHDDのほかオンラインストレージも活用。クラウド経由でスマホと共有すればデータもより有効活用できます。

 

最新型ならCドライブも大容量でサクサク動く

 

パソコンが古くてこれ以上軽くできないと限界を感じたなら大容量Cドライブの最新型パソコンへの買い替えをおすすめします。Windows10なら新しい機能やプログラムが使え時短も実現してくれます。

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading