オススメ記事

リブセーフの評判と導入メリットをマカフィーに聞いてきた

関連記事

近年、ネット犯罪の被害をよく耳にするようになって来ています。

そこで、セキュリティソフト大手マカフィーのコンシューマーマーケティング本部の青木大知本部長と小川禎紹シニアマネージャーに、最近のセキュリティ事情やマカフィー リブセーフの特徴を聞くことにしました。

 

マカフィーは現在インテルの関連企業で古いところでは1980年代のウイルス対策ソフト「VirusScan」をご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近では「マカフィー アンチウイルス」や「マカフィー インターネット セキュリティ」そして「マカフィー リブセーフ」などのセキュリティソフトの開発・販売を行っています。

 

マカフィー株式会社 青木大知 本部長

 

セキュリティソフトを入れた方がよい理由

 

セキュリティソフトを入れたくない理由として根強いのが「パソコンが不安定、遅くなったことある」です。しかし、青木本部長は「それは昔の話ですね。最近のセキュリティソフトはウイルス対策以外の機能が充実していますので、どの製品も重くならないように設計されているんですよ」といいます。「セキュリティソフトの誤検出でダウンロードできず、不便だった」という意見もときどき聞きますが、リブセーフなら2回のマウス操作で一時的にウイルスの検出を停止できます。重くなる、不便だからと入れないでおくと、家族が危険なサイトを閲覧してしまい、ウイルスに感染するケースもあるというので、昔からの思い込みで「重い」と決めつけるのはよくなさそうです。

また、リブセーフはWindows、OS X、iOS、Androidに対応していますので、同居する家族なら、何台でもどのOSにも入れられるのがメリットです。トータルコストとしては以前よりずっと安くなっているのです。無料のセキュリティソフトもありますが「広告がずっと表示されて邪魔」「なぜ無料で開発し、維持できるのか、使っているうちに怖くなった」という意見もあります。その点リブセーフは、使えば使うほど1台あたりのコストは下がっていきます。不安を感じながら無料のセキュリティソフトを使う理由はほとんどありませんし、新しいデバイスを買っても、セキュリティソフトを同時に買う必要はないのです。

 

セキュリティソフトの便利機能を使おう

 

リブセーフは、セキュリティソフトの主要機能以外も充実しているのが特徴です。たとえば、「True Key」はサイトごとのID、パスワードを保管し、自動入力してくれるインテルのサービスです。マカフィーはインテルのセキュリティ部門なので、リブセーフでもTrue Keyを利用できるのです。True Keyは顔認証に対応していますので、パスワードを覚えておく必要がないばかりか、入力する手間もありません。パスワードの自動生成機能を使えば、本人すらパスワードを知らずに済みます。これ以上安全なことがあるでしょうか。

「ウェブアドバイザー」は、家族でパソコンを共有している人にオススメの機能です。自分が気を付けていても、セキュリティ意識は家族のメンバーによって違って当たり前です。そんなときでも、リブセーフをインストールしていれば、危険なサイトを訪問したり、怪しいファイルをダウンロードしようとすると警告が表示されるので安心です。自分が外出していでも、ウェブアドバイザーが家族を代わりに守ってくれるのです。

リブセーフは、スマートフォンやタブレットのセキュリティも向上できます。盗難や紛失時にデバイスの現在位置を確認したり、操作ロックしてデータの流出などを防げるのです。また、写真や重要文書を暗号化して保存する1GBのクラウドストレージを利用すれば、パソコンやスマートフォンからの流出も防げます。単なるセキュリティソフトではなく、デジタルデバイスを安全に利用するための、あらゆる機能を網羅しようとしているわけです。

同社の小川シニアマネージャーは「リブセーフは、10億人のユーザーを守れるシステムです。攻撃や犯罪は、もっともIT化が進んだアメリカだけなく、アジアやヨーロッパで最初に起きることもあります。日本だけでなく、世界のすみずみまで脅威や攻撃の兆候を見守っているんですよ」と話していました。

 

マカフィー株式会社 小川禎紹 シニアマネージャー

 

セキュリティを主軸にした統合便利ソフト

 

パソコンは、さまざまなクラウドサービスを用途別に、しかもスマートフォンやタブレットとも組み合わせ使うのが当たり前になりました。ウイルスだけから守れれば済むのではなく、パソコンやスマートフォンやタブレットを使うことのあらゆるリスクから守るのが最近のセキュリティソフトなのです。青木本部長は「セキュリティソフトは、デバイスそのものを守っているわけではないのです。トータルに守ることで、お客様と家族を守っているんですよ」と話してくれました。

 

マカフィー株式会社 青木大知 本部長 と マカフィー株式会社 小川禎紹 シニアマネージャー

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

 

下記画像をクリックしてみんなの「大切」が託せる LAVIE × マカフィー® リブセーフ紹介ページへ

オススメ記事

関連記事
loading