オススメ記事

年賀状作成はここまで進化!いまどきの年賀状はこう作る!!【前編】

関連記事

この記事の内容

■いまどきの年賀状、あなたはSNS投稿派・年賀状派 どっち?

■知ってた?無料で使える郵便局の年賀状アプリ

■宛名を自動でデータ化・そのまま発送も

 

いまどきの年賀状、あなたはSNS投稿派・年賀状派 どっち?

 

ここ近年、年賀状もFacebookやLINEなどのSNS投稿で済ませてしまう方が増えています。基本的に年賀状派の私もその手軽さからSNSも活用していました。しかし、せめて年賀状をいただいた方やお世話になった方、大切な人には形あるもので新年のご挨拶をしたいものです。

 

 今はスマホやパソコンで何でもできる時代、年賀状も例外ではありません。年賀状作成アプリやソフトもたくさんあります。今年初めて挑戦する人やどれを使えば良いのか迷った人には、定番中の定番。日本郵便の「はがきデザインキット2016」というアプリをご紹介します。

 

知ってた?無料で使える日本郵便の年賀状アプリ

 

はがきデザインキット2016 スマホアプリ版

 

「はがき デザインキット 2016」は、スマホでもパソコンでも共通で作れるたくさんの魅力的なテンプレートからデザインを選べるだけではなく、メッセージにスタンプとレイアウトもできて、写真もフレームに入れることができるのです。

 

はがきデザインキット2016 ウェブ版 編集画面

 

宛名を自動でデータ化・そのまま発送も

 

意外に面倒な宛名管理、「はがきデザインキット2016」では、はがきを撮影するだけで、24時間でデータ化し「住所録」に無料で登録してくれます。

(ゆうびんIDの登録が必要です。)

 

はがきデザインキット2016 スマホアプリ版 宛名スキャン機能

 

いつでもどこでも年賀状が作成できて、スマホで注文、投函いらず。最近の年賀状作成アプリはここまで進化しました。手書きで一言添えたい方は自宅宛に配送もしてくれます。

 

後編では人とは違うオリジナル年賀状を作成する方法についてお伝えします。

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading