オススメ記事

Windows 10に移行する前に知っておきたい新機能10

関連記事

 Windows 10への無料アップグレードがついにスタート! 
 Windows 10では、今までのWindowsインターフェースを踏襲しつつ、スマートフォン的な触って使える直感的なUIがより洗練され、ベテランユーザーからPCを使ったことのない初心者ユーザーもなじみやすくなっています。ここでは、ウィンドウズがより便利で使いやすくなる、Windows 10の注目の新機能を紹介します。

新機能1●スタートメニューの復活

 Windows 7以前のユーザーにとって最大の朗報は、Windows 8でなくなっていた「スタートメニュー」が新しいスタイルになって復活したことです。デスクトップの左下のスタートボタンをクリック、またはWindowsキーを押すとスタートメニューが現れます。

 メニュー内には、Windows 8から登場したタイルが並び、タブレットなどでのタッチ操作も快適です。

2015072901st

↑タイルの表示エリアは、ドラッグで拡大縮小できます。

新機能2●ストアアプリをウィンドウ表示できる

 Windows 8から登場した「Windowsストア アプリ」は、常にフルスクリーンで起動してしまうため、ほかの作業をしながらでは使いづらく感じることもありました。Windows 10では、従来のデスクトップ アプリと同様、ウインドウ表示ができるようになったのがうれしいですね。

2015072902WSApp

↑画面を分割して表示するスナップ機能にも対応。画面を左右上下に分割して、最大4分割表示ができます。

新機能3●仮想デスクトップ

 複数のデスクトップがつくれる機能。例えば、書類フォルダーと資料や表などを開いた事務作業デスクトップ、スケジュールとメール、SNSアプリを開いた連絡用デスクトップなど、作業ごとにウィンドウやアプリを使いやすく配置したデスクトップを作っておくと便利そうです。

 仮想デスクトップの画面切り替えは、[Windows]+[Ctrl]+[←/→]キーでのショートカットが便利です。並列作業をスムーズに切り替えられて、仕事もより効率的に進みます。

2015072903DT

↑画面右下”新しいデスクトップ”から仮想デスクトップを増やせます。

新機能4●“タスクビュー”でデスクトップやアプリを切り替え

 タスクバーにある“タスクビュー”アイコンをクリックすると、AndroidやiOSのようにデスクトップや起動中のアプリを一覧表示できます。縮小イメージからパッパッと選び、デスクトップやアプリを切り替えられるのは直感的でわかりやすいです。タスクビューは、キーボードショートカットの[Windows]+[Tab]キーでも表示可能です。

2015072904task

↑スマホのタスク一覧のように、デスクトップや起動中のアプリをサムネール表示します。

新機能5●情報収集力がアップした、新ブラウザー『Microsoft Edge』

『Internet Explorer』に代わり、新たな標準ブラウザーとして『Microsoft Edge』が搭載されました。最大の特徴は、Webページに直接メモを書き込める“Webノート”機能です。“ペン”での手書き、“タイプ”でテキストコメントの追加、“ハイライト”で強調ができます。

 あとでじっくり読みたいコンテンツは“リーディング リスト”に保存しておけば、通勤時間や休憩中に読むことができます。

2015072905Edge

↑メモを書き込んだWebノートは、保存や共有ができます。

新機能6●通知や設定をまとめて管理できる『アクションセンター』

 セキュリティーやメンテナンス情報などのお知らせを表示する『アクションセンター』がリニューアル。Windows 7では、タスクバーからメッセージをポップアップ表示していたが、10ではパネル表示になり、好きなときに呼び出して確認できます。

 下段には、タブレットモードへの切り替えやネットワーク接続などの各種機能のアイコンが並び、すばやく起動できます。

2015072906act

↑各種機能を1クリックで呼び出せる“クイックアクション”。表示する機能は、変更/並べ替えが可能です。

新機能7●わかりやすく整理された『設定』アプリ

『コントロールパネル』のように、システムの各種設定をするための画面です。Windows 10ではコントロールパネルも残されていますが、『設定』アプリは、よりスッキリと整理されており、目的の設定項目にアクセスしやすくなっています。

2015072907Set

↑Windows 10の『設定』アプリ。『アクションセンター』の“すべての設定”アイコンのクリックで表示できます。

新機能8●タッチ操作に最適化した『タブレットモード』

 Windows 10では、Window 8/8.1のスタート画面は廃止され、起動直後からデスクトップになります。なお、ノートPCにもタブレットにもなる2in1対応の製品などでは、キーボードの取り外しや画面回転などに合わせて、自動的にタッチに最適化したタブレットモードに切り替わるようになりました。“タブレットモード”では、スタートメニューやアプリが全画面表示になります。

2015072908tab

↑『アクションセンター』のアイコンから手動での切り替えも可能。

新機能9●“PIN”によるサインイン

 PINとは、4ケタの暗証番号のこと。Windows 10では、Windowsのサインイン時に入力するパスワードに代わる認証方法として、PINが推奨されています。

 複雑なパスワードに比べて、たった4ケタの番号のPINでは心配かもしれません。ですが、メールやストレージ、Officeアプリなど、さまざまなサービスで利用するMicrosoft アカウントのパスワードに比べて、PINは端末へのサインインのみに使用しますので、むしろセキュリティー上の安全性は高まります。安心して利用しましょう。

2015072909pinc

↑PINならタブレットでの入力も簡単。

新機能10●対話型アシスタント機能“Cortana(コルタナ)”

 “Cortana”は、話しかけると、質問に答えてくれるiOSの『Siri』のような機能。日本語版はまだないものの、まずは開発版OSのテストに参加する『Windows Insider Program』参加者向けに数ヶ月以内に提供していく方針です。音声入力によるデジタルアシスタントはiPhoneのSiriなどでも人気の機能ですから、日本語版への正式対応が待ち遠しい機能です。

 

 以上、Windows 10で必ず押さえておきたい注目の新機能10点をお届けしました。どれも使いこなせれば、これまで以上に仕事や趣味で活用できますので、アップグレードしたらすぐに体験してみましょう。

(ライター松下典子)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading