オススメ記事

インターネットはWiMAXで、お得に便利に運用しよう!【前編】

関連記事

インターネットをお得に便利に運用する方法、それはWiMAX!家の固定回線の代替にもなり、複数端末で接続できます。普通に使う分には快適すぎるネット通信です。

しかもWiMAXは、端末を自由に持ち出せるので便利です。WiMAXと同じようなネット通信のデザリングもいいけどWiMAXを使えばデジタルライフはもっと楽しくなるんです。

 

この記事の内容

■テザリングとは?

■WiMAXとは?

■WiMAXとテザリングの違い

 

テザリングとは?

 

テザリングイメージ

 

テザリングは、スマホ経由でキャリア各社提供の通信回線(4G LTE)からネットに接続する方法です。その手軽さから、多くの方がその方法でパソコンやタブレットなどをインターネットに接続していますが、データ容量の制限もあるため、使い方には工夫が必要です。

 

WiMAXとは?

WiMAXは、3G/4G LTE/Wi-Fiと並ぶ通信規格の1つです。

WiMAXは、カバンに入れて持ち歩けるような専用端末を利用して、室内はもちろん屋外でもネットに接続できます。走行中の電車など外出先でもネット接続が快適です。たとえば、購入・レンタルした映画、テレビの見逃し配信やニュース動画、音楽PVなども外出中の空き時間に見ることができますよね。

 

通信規格の比較表

 

国内におけるWiMAXの事業者は、現在はUQ WiMAXのみで、容量制限なしで料金も定額制となっているところが大きな魅力です。しかも、WiMAX2+の提供を開始して2年目にして、速度は当初の2倍となる下り最大220Mbpsの全国エリア化対応に着手しました。

 

WiMAXとテザリングの違い

 

大きな違いは、データ通信量に制限があるかないかです。テザリングは、7GB以降、容量追加(チャージ)が必要になります。一方、WiMAXは制限がないので、外出先で大容量データ通信を常に行っている方には最適です。

 

WiMAX 7GB以降速度低下なし

 

WiMAX・テザリングともに、パソコンやタブレットに接続する方法は、機種にもよりますが、Wi-Fi、Bluetooth、USB接続という3つの方法があります。日頃のデータ通信量に応じて使い分けることができます。

 

後編では、テザリングはこういうときに便利!気になるWiMAXの料金相場をご紹介します。

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading