オススメ記事

インターネットはWiMAXで、お得に便利に運用しよう!【後編】

関連記事

この記事の内容

■WiMAXのメリット

■テザリングはこういうときに便利!

■気になるWiMAXの料金相場

 

前編ではWiMAXとテザリングについてご紹介しました。後編では、それぞれのメリットなどを見ていきたいと思います。

 

WiMAXのメリット

 

 ハード面のメリットは、端末がコンパクトで持ち歩きやすく、ワイヤレスなので配線などがなく置く場所を選ばない点です。さらに、テザリングではスマホの電池の消耗が早いのですが、WiMAXを使うことでスマホの充電が切れてしまうことがないというのも大きなメリットです。

 

速度・利便性・電池の比較表

 

ソフト面では下り最大220Mbpsの通信速度に加え、パケット容量の制限がないため、一定の容量を超えた場合でも通信速度が低速化することは基本的にありません※ そのため、YouTubeなどの動画やradikoやポッドキャストなどの音声配信なども通信容量を気にせずに楽しむことができます。

※混雑回避のため3日間で3GB以上利用したときには速度制限があるようです。

 

速度低下 直近3日で3GB使用

 

テザリングはこういうときに便利!

 

 テザリングのメリットは、スマホさえあれば良いことです。しかもUSBで接続をすると、より安定したネット接続が可能になります。

 

USBテザリングのイメージ

 

 また、なんといってもキャリア各社が提供している4G LTEがカバーしているエリアが広範囲に及ぶことです。万が一WiMAXが受信できないときにはテザリングが役に立つことでしょう。

 

気になるWiMAXの料金相場

 

 WiMAXは、容量制限なしで通信速度も低速化しないので、きっと高いんだろうなと思っていたのですが、キャリア各社の標準容量パケット通信料と変わらないくらいです。キャンペーン期間中などに契約をすればもっとお得になることもあるようです。

 

大容量のデータ通信の累積グラフ・7GB以上の比較

 

WiMAXは、接続する端末を制限しません。たとえば、外出先にパソコンとタブレットとスマホを持ってきていれば、WiMAX専用端末ひとつで、パソコンでネットサーフィン、タブレットで音楽配信再生、スマホはOSなどの更新と同時にすることだってできるのです。もちろん、スマホもWiMAXでネット接続すればキャリア各社のパケット通信は使わずに済みますので、節約につながります。パケット通信を大容量に設定している方は、一度WiMAXをお試ししてみる価値はありそうです(無料レンタルもあるようです)。

 

ちなみにWiMAX2+対応の専用端末は色も赤、白、青の三色展開でデザインもスタイリッシュ。

Bluetooth接続時、省電力モードで最大10時間近い連続通信ができます。これなら、YouTubeや映画などもバッテリーを気にせずに安心して長時間再生ができそうですね。

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading