オススメ記事

スマホの4K動画はパソコンを使ってお得に!【前編】

関連記事

この記事の内容

■4Kとは?

■スマホの4K動画は持ち歩きには不向き?

 

4Kとは?

 

4Kとは、1080p HDビデオの最大4倍の解像度を持つ動画のことをいいます。1080p HDビデオとは違い、4Kなら大画面の液晶テレビで見ても繊細な映像を楽しめます。

 

ただし良いことづくめではなく、4K動画は高い解像度の分、相当なファイル容量が必要となります。4K動画は、3分程度で1GBを超え、それを10本も撮影すると10GBを優に超えます。

上4K 下フルHD のそれぞれの解像度イメージ

 

スマホの4K動画は持ち歩きには不向き?

 

プロ仕様だと思っていた4Kが、最近ではスマホに搭載されてきています。きれいな動画を撮りたくて買い替えを検討されている方も多いのではないでしょうか?

 

先日、私の友人も4K対応でSDカードに保存できるスマホ機種を購入したのですが、息子さんのサッカーの試合を4K動画で撮影したら前半なのにすぐに容量がいっぱいになってしまったようです。

 

冒頭にて、ご紹介したように4K動画はデータ容量が大きいため、いつの間にか膨らんでしまいます。たくさん保存できて高速転送となると、SDカードも価格が高くなります。

容量比較グラフ(4K動画とSDカード容量)

 

そもそもSDカードのないスマホでは音楽やゲームだけで容量が占領されてしまい4K動画を撮りためること自体が難しくなります。

 

せっかくの4K動画撮影機能搭載スマホですから、大事なシーンもしっかりと撮影して保存容量も気にせずに使いたいですよね。

 

後編では、4K動画保存のお悩みを解決できる運用術をご紹介していきたいと思います。

 

(ライター 石盛丈博)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading