オススメ記事

Windows 10ノートPCの賢い選び方:安い、軽い、速いにこだわる!

関連記事

 ノートPCを選ぶときは、なにかしら優先するべき条件を決めて製品を探すことでしょう。よくその条件になるのが、“安さ”、”軽さ”、”速さ”の3つのポイント。ここでは、3つの視点からWindows10に無償アップグレードできるオススメの最新ノートPCを紹介していきます。

■この記事の内容
価格で選ぶなら→お手ごろ価格が魅力の『LAVIE Note Standard NS100/B2W』
モバイル重視なら→世界最軽量!『LAVIE Hybrid ZERO HZ550/BAB』
バランスで選ぶなら→処理性能が高い『LAVIE Note Standard NS850/BAB』

■お手ごろ価格が魅力のWindows 10ノート『LAVIE Note Standard NS100/B2W』

 ちょっとノートPCを使う。たまに書類を作成する。といった用途であれば、エントリークラスのノートPCですっかり十分になりました。また持ち運ぶのは家の中だけであれば、極端に軽いノートPCを選ぶ必要も、ハイスペックなノートPCを選ぶ必要もありません。

LAVIE Note Standard NS100/B2W(製品ページ
1ns100_b1w_b2w

 オススメは、『LAVIE Note Standard NS100/B2W』。スタンダードなノートPCで、15.6インチ液晶。テンキー付きのキーボードを搭載しています。また、キーボードは安価なPCにありがちな柔らかすぎるキータッチではないので打鍵しやすく、自宅で頻繁に使用するといった用途にも適しています。重量は約2.4kg、15インチクラスなので設置面接はB4用紙程度とやや大ぶりですが、リビングから寝室へといった屋内での移動ではまったく問題ないサイズです。参考価格は8万9800円(NEC Direct価格/税別)です。

 性能面を見てみると、CPUのCeleron 3205Uは廉価版の位置づけですが、ウェブ閲覧やオフィス系ソフトでの作業など、一般的なPC作業には十分な性能をもっています。そういった用途では、15.6インチの液晶ディスプレーで、大きく見やすいのは嬉しいところ。解像度は1366×768ドットと控えめですが、中位モデルの『LAVIE Note Standard NS750/BA』などを選べばフルHD表示が可能です。

 広々打ちやすい10キー付きキーボードで、家庭で使うメインPCとしてストレスなく使えるスペックをもち、ノートPCならではの可搬性と省スペース性も併せもつのが『LAVIE Note Standard』シリーズです。

■モバイル重視なら!『LAVIE Hybrid ZERO HZ550/BAB』

 仕事で持ち運びが多いとなると、気になるのはノートPCの重さ。最初はこれくらいの荷物は大丈夫と思っていても、実際に数日持ち歩いてみると、やっぱり重いなんていう経験のある人もいるのではないでしょうか。

 200gほど荷物が増えるだけでも体感する重量は変わりますし、カバンに入れている場合はベルトから重みを感じてしまいます。そのため、毎日持ち歩いてかつ移動も多いというビジネスパーソンであれば、できる限り軽いノートPCが一番です。

 オススメは、『LAVIE Hybrid ZERO HZ550/BAB』。重量762gと圧倒的に軽いノートPCです。実際に手に持ってみた人のほどんどが驚きます。ほかのノートは1.2〜1.5kgのものが多く、それらよりもペットボトル1個ぶんほど軽いのです。

LAVIE Hybrid ZERO HZ550/BAB(製品ページ
2hz550_bab
 さて、LAVIE Hybrid ZERO HZ550/BABは、13.3インチのディスプレーを搭載し、厚みは16.9mmと、重量762gだけでなく、薄くてカバンに入れやすく、モバイルノートとしては画面も広いので、オフィスだけでなく屋外での書類作成などにも十分な性能をもっています。
 またモバイルノートPCゆえの堅牢性も確保されているので、持ち運ぶ機会が多い人も安心です。反面、ストレージはSSD 128GBとやや少ないため、バックアップ用のUSBストレージや外付けHDDを用意しておくと良いでしょう。参考価格は15万4800円(NEC Direct価格/税別)です。

■処理性能が高いWindows 10ノートPCはLAVIE Hybrid Advance HA850/BAB

 書類作成に動画視聴、デジタル一眼で撮影した写真の加工など、ノートPCでアレコレの作業をしたいとなると、どうしても処理性能が高い(=速い)ノートPCでないと、ストレスが溜まりがちです。必然的に予算は高くなってしまいますが、この条件だと、『LAVIE Hybrid Advance HA850/BAS』がオススメです。

LAVIE Note Standard NS850/BAB(製品ページ
ns850_bab

 まずは基本的な性能の高さと、充実した装備を見てみましょう。CPUのCore i7-5500Uは、2コア/4スレッド動作で最大動作クロック3GHzと、複数の作業を同時に行なうパワーをもっています。

 タッチパネル対応の4K液晶を搭載していることにも注目です。
 画質の精細さには目を見張るものがあり、NS850/BABの処理性能を利用した写真の加工の確認などに役立ちます。Blu-rayドライブも内蔵しているので動画視聴にも最適です。加えて、マイクロソフトの『Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス』が付属しているので、仕事にも即使えるのも嬉しいところです。

 NS850/BABを購入してWindows 10にアップグレードしたら使いたいのが、『Windows Hello』という新機能です。本機は、標準でインテル RealSense 3Dカメラを搭載しているので、パスワードなしの顔認証でログインできるようになります。

 さらに強化するなら、カスタマイズモデルという選択肢もあります。グラフィックス性能は、NVIDIA GeForce 840Mを選べるため、軽いゲームタイトルならストレスなく遊べるほどになります。最近のソフトの多くは、グラフィックス性能を処理に活用することもあるため、画像の操作や動画の再生などが快適になるメリットもあります。またメモリーは16GBを選んでおくと同時に複数の作業を行なう場合や、動画や画像加工などの作業でもさらに快適になります。

 ノートPCという省スペースのサイズに全て詰め込んだ、オールインワンな製品といえるでしょう。参考価格は17万3800円(NEC Direct価格/税別)となっています。

 以上のように、3つの視点からノートPCを選んでみました。自分がよく使用するシーンを思い浮かべつつ、自分の使い方にぴったりフィットするノートPCを選んでみてください。

(ライター 林佑樹)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading