オススメ記事

Windows 10新機能解説:スナップ機能でアプリのウィンドウを見やすく表示しよう

関連記事

Windows 10のデスクトップモードでは、アプリをウィンドウ表示できるようになりました。また、ウィンドウの大きさは自由にサイズや位置を調整できるほか、フルスクリーン、画面を左右2分割/左右上下に4分割して表示する方法があります。用途に合わせて自在に切り替えられるように操作方法を覚えておきましょう。

●Windowsストアアプリのウィンドウ表示

 Windowsストアアプリとは、Windows 8から登場した新しいタイプのアプリケーションです。
 タブレットやスマホなどでのタッチ操作を前提につくられており、スタート画面からの起動で、Windows 8/8.1ではフルスクリーンまたは左右の2分割で表示されるため、デスクトップ上でのウィンドウ表示ができませんでした。

 Windows 10では、従来のアプリケーションと同様に、デスクトップにウィンドウとして表示され、複数のウィンドウを重ねて表示したり、ウィンドウ四辺のドラッグにより、表示サイズを自由に変更したりできるようになりました。

05-1 (1)

↑Windows 10では、すべてのアプリをデスクトップにウィンドウ表示できます。

 

「スナップ」でアプリを2分割/4分割に整列表示しよう

 ウィンドウを最大4分割して整列表示できます。とくに左右に大きなワイド画面では、ウィンドウを分割表示すると画面を効率よく使えます。ウィンドウ表示を切り替えるには、アプリのタイトルバー(上部のタイトル部分)を画面の端にドラッグするだけ。この操作を“スナップ”といいます。

 左右の端にスナップすると、2分の1の表示に、角にスナップすると4分の1で表示、上にスナップするとフルスクリーン表示になります。
 便利な機能なので、まずはご自分のWindows 10パソコンで試してみてください。

05-2

↑2分割での表示。ワイドディスプレーは左右に2分割すると、スペースを有効に使えます。

05-3 (1)

↑同時にいろいろな情報を表示したいときは、4分割表示するのも便利。

0804has

↑2分の1表示にするため、タイトルバーを左スナップ(画面の左の端にドラッグ)します。

05-04-2

↑画面の左半分に表示されました。

0804has4

↑4分の1表示にするには、画面の角にスナップします。

05-05-2

↑4分の1で表示されました。なお、ストアアプリによっては、最小サイズが決まっており、4分の1サイズにならない場合もあります。

 

キーボードショートカットで簡単に表示を切り替えよう

 キーボードを使っているときは、ショートカットで画面のスナップ表示を切り替えるのが簡単です。
 使い方は次のとおり。
・対象のウィンドウを選択して[Windowsキー]+[←]キーで左スナップ
・[Windowsキー]+[→]キーで右スナップ

・左右にスナップした状態から[Windowsキー]+[↑]キーまたは[Windowsキー]+[↓]キーを押すと、4分の1表示に切り替え

 キーボードから手を離したくないときや、ノートPCでの操作にはこのキーボードショートカットが便利です。

(ライター松下典子)

 

下記画像をクリックしてLAVIE Hybrid ZERO 紹介ページへ

 

オススメ記事

関連記事
loading